大谷翔平選手の応援歌を一気見!日本ハム→エンジェルス→ドジャース!での登場曲!

登場曲
 大谷翔平の応援歌を一気に紹介します。

 大谷 翔平(おおたに しょうへい、1994年7月5日 )は、岩手県奥州市出身のプロ野球選手。右投左打。日本ハム~MLBのロサンゼルス・エンゼルス所属~MLBロサンゼルス・ドジャース所属。

そんな、大谷翔平選手の、登場曲等を紹介していきます。




大谷翔平の略歴

大谷翔平の活躍が一つのショーのようなので、翔平(showhei)にかけて、活躍した時は、ショータイム(SHOWTIME、SHOTIME)と呼ばれています。

大谷翔平は、高校3年時に当時としては高校生最速となる投球速度160km/hを計測しました。 2012年のNPBドラフト1位で北海道日本ハムファイターズから指名され、2013年の入団以降、投手と打者を両立する「二刀流」の選手として試合に出場しました。

2014年には11勝、10本塁打を記録し、NPB史上初となる同一シーズン「2桁勝利・2桁本塁打」を達成します。
2016年には、NPB史上初となる投手と指名打者の両部門でベストナインのダブル受賞し、リーグMVPに選出された経緯があります。

投手としての球速165km/hは、当時日本人最速記録とNPB最速記録になりました。

2017年オフにポスティングシステムでMLBのロサンゼルス・エンゼルスに破格の安さで移籍します。

2018年から投打にわたって活動し、同年はアジア人史上4人目(日本人史上4人目)の新人王を受賞しました。

2024年からは、ロサンゼルス・ドジャースに移籍しました。1000億円を超える契約は、世界中の度肝を抜きました。




大谷翔平選手の応援歌!

大谷選手は、日本ハム→ロサンゼルス・エンジェルス→ロサンゼルス・ドジャースと3球団に在籍しています。各球団の応援歌をご紹介しますね。

大谷翔平!日本ハム時代の応援歌!「迷わずに駆け抜けろ」

タイトル:大谷翔平応援歌!「迷わずに駆け抜けろ」

歌  詞:「迷わずに駆け抜けろ 伝説の幕が開ける さあ気持ち込めて 進め 狙い定め

跳べ!大谷! 夢の向こう側へ」

作  詞:韓国の方

作  曲:韓国の方

備  考:現ロッテジャイアンツの韓国出身、李学周(イハクジュ)選手がサムスン時代に使って

    いた応援歌をアレンジしたものだそうです。

Topix :この応援歌「迷わずに駆け抜けろ」は大谷がプロ1年目だった13年シーズンの開幕前に制作されたそうです。当時、高卒ルーキーに応援歌がつくられること自体が超異例だが、日本ハムの私設応援団「全国闘将会」は、当時は懐疑的な見解もあった投打二刀流に挑戦する大谷翔平をリスペクトし、オープン戦から使えるように準備を進めたらしいです。大谷がメジャー移籍するまで、ずっと使用されてきたことを考えると、結果的に大正解でしたね。主に歌詞が4つのパートでくくれるが、大谷の場合は6つのパートがある。時間的には他の日本ハム選手の場合は約10秒で歌い切れるが、大谷選手は約15秒と長かったのです。誰も歩んだことのない道を進もうとする大谷選手へのエールの気持ちが、応援歌の長さにも表れていますね。




2020年大谷翔平(打者)Wrapped Up  ft. Travie McCoy

2015-2020年の大谷翔平選手の打者時の入場曲はWrapped Up  ft. Travie McCoy です。

Artist :Olly Murs

作  詞:Olly Murs

作  曲:Olly Murs

日ハム時代から続けて使用してきたので思い入れのある曲なのでしょうね。

アップテンポな曲調ですが、歌詞の内容は、野球とは無関係なような気がします。

もしかしたら、真美子夫人と愛を温めていたのかもしれないですね。(笑)




2021年 大谷翔平(打者)LOST IN PARADISE feat AKLO

Artist :ALI
作  詞:LEO・LUTHFI・ALEX・AKLO
作  曲:ALI・AKLO

備  考:「呪術廻戦」エンディング曲として有名な曲です。大谷翔平選手は実はかなりの呪術廻戦ファンだと言われています。

「自分で決断し、行動する。」「戦うことを諦めない。愛のために生きていく。」

という事が歌詞の趣旨だと思われますね。正に、大谷翔平選手の生き方にピッタリですね。

ALIというバンドは、メンバーの一人の白井カディオ氏が窃盗の容疑で逮捕されて、現在活動を休止しています。

この曲を最後に、ALIの活動休止が発表されいるのです。大谷翔平選手には思いがけない事でしたが、それが、又、特別感を出しているように思えますよね。




2022年 大谷翔平(投手)Do or Die

Artist :Thirty Seconds To Mars
作詞:ナノ
作曲:堀江晶太
2015年日ハム在籍時から使用している楽曲です。こちらは2015-2022年の7年にわたり入場曲として使ってきました。

「成功のために強い覚悟で行動する!」

大谷翔平選手の強い意思表明を示している歌詞ですね。流石、大谷翔平選手ですよね。

日本ハムファイターズから、ロサンゼルス・エンジェルスに、チームが変わっても入場曲として使い続けるところから、大谷翔平選手にとっても思い入れの深い1曲になっているのでしょうね。




2023年 大谷翔平!【WBC】時の応援歌!「迷わずに駆け抜けろ」

  いやいや、大谷選手は、応援歌迄、国際的なんですねぇ。しかも、WBCで有名になりましたが、日本ハム時代から歌われていたとのことですので、日本ハム人在籍した頃から、「世界の大谷」だったのですね。




2022年 大谷翔平(打者)The Greatest Show

 Artist :Fox Family Entertainment
作  詞:Justin Paul & Benj Pasek .
作  曲:Justin Paul & Benj Pasek

映画The Greatest Showmanのテーマ曲「The greatest showです。

映画の内容は、アメリカンドリームです。苦労の末、努力をして人生が好転していきます。その後、挫折を味わい、ここで、助け舟に恵まれ、大成功を収めるというものです。

この映画のテーマの根底には「芸術は人を幸せにする」というところがあるように感じます。

大谷翔平選手の野球は、正に芸術ですよね。自分が楽しむだけでなく、野球を芸術的に捉えている大谷選手の強い意志が感じられますね。




2023年 大谷翔平(投手)Life In The Fast Lane

Artist :Eagles
日本語に訳すると「駆け足の人生」といったところですね。

ファスト レーンを駆け抜けるように進む人生!

通常レーンの横を倍速で駆け抜けるわけですからね。

正に、大谷選手の生き方そのものと思えますね。

しかし、歌詞には、「駆け足の人生、間違いなくお前を狂わせるぜ」とあります。

確かに、不安になりますが、普通の人生から言えば、大谷選手の活躍は、「狂てますよね(笑)」

実況も、「アンビリーバブル!」とか「月まで打球が飛んでいく」とか言ってますよね。




2023年 大谷翔平(打者)Can’t Get Enough

Artist :Ghost Machines

作  詞:BONNIE PINK

作  曲:BONNIE PINK

2023年の打者としての入場曲はGhost Machinesの「Can’t Get Enough」です。

かなりノリのいいタイプの曲ですね。

リズム感は良いのですが、歌詞は「充分に捉えどころがない」と言うような意味になりますかね。

この曲には、ドラッグという歌詞が出てきます。大谷翔平選手の禁止薬物に対する自戒の念があると信じています。

 




2024年 大谷翔平(打者)

編集中です!しばらくお待ちください!

 




コメント

タイトルとURLをコピーしました