アマンダ[amanda](19歳)がAGTアメリカズゴットタレント2022で、発話障害を乗り越えて歌った、歓喜の涙のオーディション!会場全員の温かさ! 

AGT

先日、素敵な動画に出会いました。

 アマンダ[amanda](発話が困難な19歳女性)が世界最大と言われるタレント発掘番組、「AGT(America‘s Got Talent)」のオーディションにおいて、自作の曲を発表し、大喝采を浴びた動画です!
 正にAGT(America’s Got Talent)ならではの、名シーンでした。
 数々の感動的シーンが見られるAGT!様々な事情を抱えた出演者の過去や生い立ちに思いを込めてリスペクトするAGT。そして、素晴らしいパフォーマンスに対しては、司会者、審査員、観客全員で讃辞を送る!




アマンダ[amanda](19歳)とは?

 アマンダ[amanda](19歳)は、発話が困難な女性作詞・作曲家であり、歌手です。日本で言うところのシンガーソングライターでしょうか?
アメリカ合衆国、コネチカット州出身の方です。
 AGT(America’s Got Talent)出演時には、ただ、それだけしか知られていませんでした。所謂、無名でした。
 しかし、彼女の名は、2022年の、AGT(America’s Got Talent)出演直後から、多くの人に知られることになりました。
 アマンダにとって、AGT出演が、大きな転機になりました。
 AGT出演後、アマンダ[amanda] が歌う様子の動画とAGTの様子は、すでに20万回以上再生されています。




アマンダ[amanda]がAGT 2022で、発話障害を乗り越えて歌った!

AGT参加のアマンダの動画から・・・
(  )審査員・司会等 スタッフの発言
[ ]私の注釈
「 」アマンダの言葉

アマンダ AGT 歌唱前 インタビュー

   HOWIE  (名前は?)
「um・・・私はアマンダ。 」
   HOWIE (年は?)
「um・・・19歳。 」
   HOWIE (出身は?)
「um・・・コネチカット州。」
   HOWIE (今夜は何をしてくれる?)
「um・・・この通り私は・・・少し・・・発話障害。 」
「このおかげで・・・今まで逃げたり・・・内に秘めてた。」
「・・・けど[私は]見つけた。・・・ 口ごもらない。[その時とは、私が]歌ってるとき。 」
   HOWIE (私たちが知ってる曲?もしくは自作?)
「[私が]歌うのは・・・私が書いた曲で・・・内容は 辛かったこと。」
「もし[発話障害のない自分に]戻れても、何も[私は]変えない。それが今の私だから。」
   HOWIE (聴くのが待ちきれない。幸運を。)

アマンダ AGT 歌唱前の間

歌唱が始まるまでの暫くの間に。
 SIMON (うまくいくように願っている。)とつぶやく。
 観客  いいのよ
 サイモンだけではなく、他の審査員や司会者、裏方スタッフ?、付き添いの方、観客にまでカメラを回し、肯定的な発言やつぶやきを逃さずカメラに収めています。
会場にいる人だけでなく、生で見られない人にも配慮した、又、会場にいた人たちも、後で何回でも繰り返して観られる、素晴らしい編集だと思います。

その場(会場)にいた人は、その会場での感動だけではなく、後に動画を見た時に、改めて「あの歴史的瞬間に、自分が立ち会えた!」喜びをかみしめる事でしょう。

 アマンダが発話障害があるという事は、スタッフ全員に知らされているはずです。だから、氏名、年齢、出身地を聞くときも、静かに、簡潔に尋ねます。アマンダがことさら緊張しすぎないように。とても暖かい譜に気を感じました。アマンダが、口ごもっている時、審査員たちは、待つ!待つ!。観客も、待つ!待つ!
 AGTには、出演者に与えられた時間制限と言うものはないのだろうか?世界中から注目を浴びるイベントなのに、時間がゆったりと流れていることに驚きです。
 今までも、AGTの動画を数々観てきました。今までも、時間に縛られない、急がない・・と言うのは感じていましたが、今回は強く感じました。
 そして、その、「間」(余韻)に、会場全体が浸っていると思えるような、番組の在り方に、本当に感激してしまいました。
 スタッフが、アマンダに質問をしているのは、アマンダの現状を、観客に知らしめるためであり、アマンダ自身に、語ってもらうためでもあったと思えます。

アマンダ AGT 歌唱後

  HOWIE  (こみ上げてるね。何を思ってる?)
「・・・ 考えられなくて。・・・幼い頃の私は、何もできないと思ってた。・・・」
  観客の声:『あなたはできる!!』
   ーーー大歓声!!!ーーー
  HOWIE (出来るだけでは説明がつかない。【出来る】じゃなくて・・・【最高!】
  HOWIE [ここにいる]皆の感動[する姿]を見て、
       この先はさらに、
      [貴方を見るのは]数百万人だ!!。
      今これを観ている人[を代表して]、ただ言わせて。
      『ありがとう。』)
     どうだったハイディ?
  HEIDI  (美しい歌声を持っている。いい声。
       心に火がついてる。私はもっと見たい。
       気に入った。私は【本物】と感じた。
       あなたの心を知る神様がいる。)
  SIMON :(素晴らしかった!本当に!
       発話で抱えている問題を、とても真剣に話してくれた。
       それは恐いこと。オーディションは、
       その[発話障害]問題がなくても。
       しかし[発話障害を乗り越えて]君は成し遂げた。
       歌声は純粋で美しい。
       そしてきみは良い作曲家。人柄も素晴らしい。
       来てくれて嬉しい。 )
司 会 者:(あれがサイモン[の讃辞]。サイモン・コーウェル[のリスペクト])
   SIMON :(私から君へ[今回]初めてのイエス。)
    SOFIA :(もちろんイエス。)
    :(絶対にイエス。)
    :(今夜、君は勇気を出して話してくれた。
     だから君は四つ目のYesでこの先[のステージ]へ。)
サイモン:(番組は素晴らしい人と出会える。)
司会者: (今、生(放送)へ向けて、発せられた。 ありがとうアマンダ。)




アマンダ[amanda]がAGT 2022で、歓喜の涙のオーディション!

アマンダの歌唱の動画は、こちらです。

アマンダさん AGT 歌唱前の涙

アマンダ[amanda]は、ステージ中央に立ち、不安そうな表情で、
「私は『発話障害です』。しかし、歌う時には発話障害が出ないことを発見した。」と語ります。
 きっと不安に押しつぶされそうな、涙でしょう。AGTのスタッフは、「発話障害」の事をしているはずです。予選会もクリアしているのですから。
 しかし、発話障害の自分が歌う事を、観客が受け入れてくれるのか?その不安が大きかったと思われます。
 会場の観衆も、涙ぐむアマンダさんを見て、不安そうに見つめています。
 しかし、公開された映像は、アマンダさんを肯定的に見つめる人ばかりを配信しています。
 不安そうに見つめている人も映していますが、歌唱中や歌唱後に、そのん人が感動している姿も映像に残しています。
 このんカメラワークと編集も、AGTの魅力です。
 涙でむせびながら、なかなか進まない歌唱前のインタビュー。しかし、歌唱が始まると・・・。
本当に、出演されたアマンダさんの勇気に感動しますが、それ以上に、AGTの会場全体の、温かさ!!!

アマンダさん 2022年AGT 歌唱後の涙

アマンダさんの涙は、自分自身が成し遂げたことへの涙!!!
審査員への感謝の涙!!!
観客への感謝の涙!!!
司会者をはじめ、番組スタッフへの感謝の涙!!!
AGTと言う番組への感謝の涙!!!
付き添っている、お父様と思われる紳士!!
心配そうに、涙ぐみながら、アマンダを優しい眼差しで見る。
そして、4つのイエスを貰ってからの、優しい抱擁!!!
どうしても、この素晴らしいステージをお伝えしたく、記事を書き進めましたが、
私の語彙力の少なさから、なかなかお伝え出来ません。
動画でご覧下さい。
本当に素晴らしい動画です!!!

アマンダ[amanda](19歳)がAGT 2022の歌唱に、会場全員の温かさ!

アマンダさんの「涙」をより崇高にした、AGT会場!

 発話障害を知った上でと思わえれる、アマンダに過度な負担をかけないような、歌唱前のシンプルな質問から始まります。
 この質問で、アマンダが「発話障害」である事を、観客は察知することになります。
 そして、アマンダ自らが、「発話障害」と言うシチュエーションをさりげなく醸し出します。
 そして、歌唱前の最後の審査員のコメントは、
 「聞くのが待ちきれない!グッドラック。」
事前に、綿密な打ち合わせの元、アマンダが、よりよいパフォーマンスを行えるように、最大限の配慮がなされたと感じざるを得ません。
 そして、その、番組を作ってきたスタッフの思いにこたえるかのような、観客の温かい歓喜・感動の嵐!
 あれだけの観客を、意図的に誘導できるはずがありません。本当に、心からの感動と祝福を導く、「ドラマ」のように感じました。

アマンダさんの「涙」とAGTにとりこになりました!

 益々、AGTのファンになりました!
 発話が困難なのに大人数の前に立つと決めた勇気が素晴らしい!歌声は言葉で表せないほど響いてきました。
 しかも、アマンダ自身の、作詞・作曲!!!
「あなたは出来る」って叫んだ観客の方も素敵でした。
 観客の方達まで素敵な番組は、日本ではまずないと思います。  日本では、まだまだ、自分が目立ちたいだけのヤジが多い印象です。
 アメリカという、広大な土地の、自由な風土が生み出した、AGTに感謝しかありません。
 AGTが日本でも始まれば・・・と思った時期もありますが、まだまだ、アメリカにはかなわないなと言う印象です!
 アマンダさんの演奏前の静寂、「Its ok」と囁いた女性。歌い始めた瞬間のサイモンの表情 。澄んだ声に聴き入る観衆。そして割れんばかりの拍手。
 まるで、映画のワンシーンのような一コマが、ライブで行われる。
 素晴らしい!!!

最後に!AGTへのリスペクト!

 この番組を見ているると、AGTは様々な人が出演できて、自分をさらけ出して評価を得ることができる番組だな!と強く思います。 本当に、温かい番組なんだと思います!!!
 一人一人の個性をしっかりと評価し判断する、素晴らしい番組だと思います。
 この番組の、基礎であるBGT(British Got Talent)を立ち上げ、審査員を長く続けている、サイモン・コーウェルの魂は、今後も受け継がれていくと信じています。




AGT(アメリカズゴットタレント)”America’s Got Talent” で検索された方は、次の記事もお読みになっています!

「AGT(アメリカズゴットタレント)”America’s Got Talent”」関連の記事が増えてきました。

この記事を読んでくださった方は、下記の記事もご覧になっています。

AGTの素晴らしさをお伝えできれば光栄です。

 

 

尚、本記事のURLも入っている場合もあります。

途中でご紹介した記事も入っている場合もあります。

ご了承ください。

AGT(アメリカズゴットタレント)”America’s Got Talent”とは?審査員は?参加者は?投稿記事一覧!
私は、音楽関係のブログを書いています。 最近、AGT(アメリカズゴットタレント)”America’s Got Talent”のとりこになっています。 まだまだ、書きたい事は山ほどありますが、私の記事にたどり着けないとのお声を頂き...




コメント

タイトルとURLをコピーしました