AGT(アメリカズゴットタレント)が日本でジャパンズゴットタレントとして初開催!関係者の期待急上昇!

世界No1オーディション番組としても有名なゴット・タレント「Got Talent」が、日本にも上陸することが発表され注目されています。

日本版「Got Talent」は「Japan’s Got Talent(ジャパンズ・ゴット・タレント)」というタイトルで開催されます。

審査員にダウンタウンの浜田雅功さんが最初に発表されました。後日、GACKTさん(アーティスト)、山田孝之さん(俳優)、広瀬アリスさん(俳優)の豪華な顔ぶれが選ばれました。

ジャパンズゴットタレントの審査員追加発表!GACKT,山田孝之,広瀬アリス の豪華顔ぶれ!
 ジャパンズゴットタレントが先に発表された一人目審査員「浜田雅功」に続いて、三人の審査員を発表しました。  世界的に超有名になったAGT(アメリカズゴットタレント)の日本版と言われるJGT(ジャパンズゴットタレント)の趨勢を決める初代...

2023年の2月からABEMAで放映されることが発表されました。

初めての日本での「ゴット・タレント」の開催ですが、期待感マックスです。

どんな才能を持った人が見られるのか?どんな審査員のコメントや評価に接することができるのか?





世界的規模の「ゴットタレント」

 

 「ゴットタレント(Got Talent)」は史上最も成功した番組フォーマットと言われています。イギリスで産声を上げた「ブリテンズゴットタレント」からスタートしました。

そのブリテンズゴットタレントの立ち上げには、アメリカズゴットタレントでのレジェンド審査員になっている「サイモン・コーウェル」がかかわったと言われています。

今や、全世界194地域で放映され、10億人以上が視聴していると言われている超人気番組です。



日本でジャパンズゴットタレントとして初開催!関係者の期待急上昇!

しかし、残念ながら、日本では「ゴットタレント」の認知度は低いようです。

「AKB48」や「乃木坂46」は知っていても、「ゴットタレント」は知らない。

「スーザンボイル」は知っていても、「ゴットタレント」は知らない。

「スター誕生」は知っていても、「ゴットタレント」は知らない。

というのが現状です。

「ジャパンズ・ゴット・タレント」日本での開催決定が、日本人にも、芸能界にも良い影響があることを信じています。私も、大いに期待して楽しみにしています。

芸能界としては、新たなタレント発掘オーディションとして、注目をするでしょう。




日本で、ジャパンズゴットタレントとして初開催!参加者の期待急上昇!

「ゴットタレント」における最も有名なサクセスストーリーと言われているのは、イギリスの「ブリテンズゴットタレント」に出演し、一夜で世界中から注目されるようになった「スーザン・ボイル」さんと言われています。

「スーザン・ボイル」さんは、見た目は、普通の「おばさん」でした。(笑)

歌う前の、審査員からのインタビューにも、流ちょうに答えられていません。

「人前で歌った事がないけど、歌う事は好きです。」「独身で、キスもしたことがありません。」と言っていた「スーザン・ボイル」さん。

審査員も、あきれたような顔をして見せます。

その後、「スーザン・ボイル」さんが歌い出すと、会場の空気は一変!!!

審査員まで、驚きを隠しきれません。

きっと、審査員の方々は、予選の様子をある程度知っているはずです。しかし、観客の反応を感じながら、本当に初めて聴いたかのようなリアクション!!

私が、「ゴットタレント」に惹かれる理由の一つです。

「スーザン・ボイル」さんの歌唱後、審査員が言っています。歌う前の「スーザン・ボイル」さんを見た時、

「私は、あなたを冷めた目で見ていた・・・」

「ここにいる皆が、あなたの敵だった・・・」とも・・・。

そして、称賛を浴びた「スーザン・ボイル」さんは、本格的に歌手デビューを果たすのです。

「ゴットタレント」には、そういう夢があるのです。夢を現実に変えるチャンスがあるのです。

この動画はわずか、9日間ほどで再生回数が1億回を超えたと言われています。そして、「Britain’s Got Talent」での賞賛を経て、スーザン・ボイルさんは世界的な歌手として成功を収めることになりました。



ジャパンズゴットタレント日本で初開催!若者参加者の期待急上昇!

 

「スーザン・ボイル」さん(47歳)以外でも、若い方で言えば、

13歳でオペラ歌手デビューを果たした「ローラ・ブレタン」さん、

12歳で衝撃のデビューを果たした「グレース・ヴァンダーウォール」さん、

腹話術歌手としてデビューした「ダルシー・リン」さん、等々、がおられます。

更に若い、

9歳でアメリカズゴットタレントに参加し賞賛を浴びた、「アンジェリカへイル」さん、

世界各国の国の首都を記憶している、3歳児、等々、

年齢も、披露するパフォーマンスも自由です。

日本では「のど自慢」にさえ参加できない年齢の人が、次々と脚光を浴びています。



日本でジャパンズゴットタレントとして初開催!弱者の参加者の期待急上昇!

発話障害を抱えていた「アマンダ」さん。

聴覚を失ったシンガーソングライター「マンディ」

親友の死に直面した整備士の青年。

コミュニケーション障害であった「ダルシーリン」さん。

難病の為、今までの人生の半分以上を闘病に費やした「アンジェリカ・へイル」さん。

実の両親に育てられていない人。

生まれた国の状況により、芸能的パフォーマンスを抑制された人。

等々、様々な事情を抱えた人々が、「ゴットタレント」で才能を開花させるのを見てきました。

私が感じるのは、「ゴットタレント」のポリシーが、とにかく、「パフォーマンス」の素晴らしさに重点的に目を向けている事です。

そして、前言を翻すようですが、「ゴットタレント」では、パフォーマンスだけに目を向けてはいません。それだけではなく、そのパフォーマーの背景(過去)を皆に周知して、その背景(過去)を鑑みて、そこからの成長率と言うか、反発力というか、愛情というか、そういう部分にまで目を向けているのです。

「ゴットタレント」には、一言で言えば、弱い立場の人、苦しんできた人に対する、愛情と自愛とリスペクトを感じるのです。



日本でジャパンズゴットタレントとして初開催!海外の参加者の期待急上昇!

他国の「ゴットタレント」に海外の人が参加している!

現在、最もメジャーになった「ゴットタレント」は、「アメリカズゴットタレント」と言えるでしょう。

その、「アメリカズゴットタレント」には、世界各国からのパフォーマーが参加しています。

放送される、予選と本選だけでも、アメリカ以外からの参加者が多く見られます。

 

13歳のオペラ歌手「ローラブレタン」さんは、祖父の祖国で「ルーマニアゴットタレント」に出演後、「アメリカズゴットタレント」に出演され、ゴールデンブザーを獲得しています。



日本でジャパンズゴットタレントとして初開催!日本人の参加希望者の期待急上昇!

他国の「ゴットタレント」に日本人が多く参加している!

当たり前のことです。日本にゴットタレントが上陸してなかったのですから。

しかし、自国でゴットタレントが開催されている人も、他国のゴットタレントに参加している例は多く見られます。

日本人では、過去に蛯名健一さんが「アメリカズゴットタレント」で優勝されています。

また、今回「ジャパンズゴットタレント」のアンバサダーに選ばれたゆりやんさんは、審査は通過できなかったものの「アメリカズゴットタレント」に出場されています。

そして、「アメリカズゴットタレント」に出場したこと自体が、リスペクトの対象になっているのです。「参加する事に意義がある!」と言う言葉は、オリンピックだけではないのです。

同じく「ジャパンズゴットタレント」のアンバサダーに選ばれた芸人のウエスPさんは、フランスの「Got Talent」で決勝に進出しました。

更に、2022年は、日本人マジシャンの岩崎圭一さんが、イギリスの「ブリテンズゴットタレント」でゴールデンブザーを獲得しています。

2022年の「アメリカズゴットタレント」には、ジャニーズのアイドルグループであるTravis Japanも挑戦しています。更に準決勝に見事進出したことが話題になりました。

しかも、2022年の「アメリカズゴットタレント」にはTravis Japan以外にも、4組の日本人が出場し、それぞれ準決勝まで進出していたのです。凄いことですね。

応募総数が4万件以上とも言われる、競争率の高い「America’s Got Talent」に5組も日本人が出場したのです。更に5組とも厳しい審査を見事に通過して準決勝に進出することができたのです。多くの日本人にとって勇気をもらえる出来事になったと思います。

更に、このタイミングでの、日本の企業「吉本興業」による、「ゴット・タレント」のフォーマットの権利獲得!!!

勿論、何年も前から、「ジャパンズゴットタレント」開催に向けて動いていたのでしょうが、タイミングばっちりですね。

「ジャパンズ・ゴット・タレント」が先か?

「5組の日本人が揃って『America’s Got Talent』で準決勝に進出」が先か?

「ジャパンズ・ゴット・タレント」開催が具体化してたから、「5組の日本人が揃って『America’s Got Talent』で準決勝に進出」が起こったのか?

「5組の日本人が揃って『America’s Got Talent』で準決勝に進出」の快挙があったから、

「ジャパンズ・ゴット・タレント」開催が急速に進展したのか?

「ゴット・タレント」大好きな私としては、喜ばしい限りです。



日本でジャパンズゴットタレントとして初開催!参加希望者の選択の自由度の期待急上昇!

日本人が、外国の「ゴットタレント」に出演しても、世界的に有名になります。逆に言えば、外国人が、日本の「ゴットタレント」に参加して、注目されれば、メジャーデビューも夢ではないのです。

最早、国を越えてと言うより、審査員等により、「自分のパフォーマンスがより高く評価される」という事を重視して参加しているのではないでしょうか?

例えば、外国の方が、漫才や演歌を披露するなら、「ジャパン」を選ぶとかという事が考えられますよね。

そういうことを考えると、「ジャパン」で「ゴットタレント」が開催されるという事は、海外の人たちにとっても、日本人にとっても、世界との見えない壁を払しょくするものになると思います。

 

 

ただ、その結果、こうして多くの日本人が海外のオーディションに挑戦し、海外の観客にも評価されることが確認できたのは、不幸中の幸いとでも言うべき大事な一歩と言えるかもしれません。

 

「ジャパンズ・ゴット・タレント」が成功すれば、海外の「Got Talent」にいきなり挑戦しなくとも、日本にいながら「Got Talent」の扉を開けるチャンスがもらえる可能性が出てくることになります



日本でジャパンズゴットタレントとして初開催!世界中のゴットタレントにつながる期待急上昇!

 

この世界的なオーディション番組である「ゴットタレント」が日本で開催される意義は、世界に通じる「ゴットタレント」という大きな舞台に参加できる可能性が高まることが大きいのだと思います。旅費だけではなく、日本独特のパフォーマンスを日本の審査員に評価してもらい、その後、注目を浴びた実績を携えて世界に旅立つという夢を見させてくれることです。

「ジャパンズ・ゴット・タレント」で注目を浴びれば、現状一番巨大な「アメリカズゴットタレント」に出演し、注目を浴びることも可能になってきます。巨大な発信力を持つ、「アメリカズゴットタレント」に出演すれば、世界中に名を知られる可能性が高まるわけです。

 

これまで、日本でも似たようなオーディション番組は存在しました。「スター誕生」や「素人名人会」等。しかし、「ジャパンズゴットタレント」の最大の期待値は、全世界の「ゴットタレント」とつながっているところです。

組織としても、連携していますが、ネット社会の恩恵を受けて、開催直後に動画を見ることもできます。

 

「ジャパンズゴットタレント」で優勝もしくは注目されれば、当然海外の番組に出演するチャンスも増えるはずです。

「ジャパンズゴットタレント」公式サイトの優勝賞金1000万円のところには「世界へ羽ばたくための準備金として」と記載されています。「ジャパンズゴットタレント」の優勝が単なる日本でのお山の大将ではなく、世界に向けてはばたく一歩であることを伝えています。そして、それだけの覚悟と先見の明をもって、審査員は参加者を評価するともいえるのです。

 




日本でジャパンズゴットタレントとして初開催!ゴットタレントへ、 日本から世界への入り口の期待急上昇!

 

「ジャパンズゴットタレント」が、日本人の世界へ羽ばたく入口になれば、日本の才能がさらに広まる可能性が高まります。

 

日本の従来の仕組みやオーディションでは、ジャンルが違う等の理由で評価されなかった才能があったと思います。

「ジャパンズゴットタレント」から世界への門戸が開かれる道筋ができたのです。吉本興業さんの英断と努力に感服します。

スーザンボイルさんは、先駆者です。しかし、彼女の才能を評価した審査員の存在を忘れてはなりません。芸術は、評価する人が、一般市民の需要をとらえた時に正当な評価として、その人が評価されるのです。

同じようなパフォーマンスをしても、時代が違い、社会が違えば、評価されたりされなかったり・・・。

私たちは、審査員の方には、今以上にリスペクトし、参加者にリスペクトする心を持たなければならないと思います。そうしないと、素晴らしい才能が、世に出ることなく埋もれてしまう可能性が高いのだと思います。

 

「ジャパンズゴットタレント」は自薦・他薦OKで、出場資格は一切無し。

参加ジャンルも自由という幅広い条件で10月16日までオーディションの応募がされるとホームページで告知されています。

 

今年は、ためらった方も、来年の「ジャパンズゴットタレント」を目指して、精進してほしいです。

我々視聴者も、参加者の過去を理解し、パフォーマンスをリスペクトする心を持ち続ければ、良いパフォーマーが次々と現れると思います。




AGT(アメリカズゴットタレント)”America’s Got Talent” で検索された方は、次の記事もお読みになっています!

「AGT(アメリカズゴットタレント)”America’s Got Talent”」関連の記事が増えてきました。

この記事を読んでくださった方は、下記の記事もご覧になっています。

AGTの素晴らしさをお伝えできれば光栄です。

 

尚、本記事のURLも入っている場合もあります。

途中でご紹介した記事も入っている場合もあります。

ご了承ください。

AGT(アメリカズゴットタレント)”America’s Got Talent”とは?審査員は?参加者は?投稿記事一覧!
私は、音楽関係のブログを書いています。 最近、AGT(アメリカズゴットタレント)”America’s Got Talent”のとりこになっています。 まだまだ、書きたい事は山ほどありますが、私の記事にたどり着けないとのお声を頂き...




コメント

タイトルとURLをコピーしました