「おは朝」初代エレクトーン奏者の伊地知温子さんの結婚と現在

テレビ番組
「おは朝」の初代エレクトーン演奏である「伊地知温子」さん!
 初代エレクトーン奏者であるがために、紆余曲折色々とありましたが、エレクトーンの技術はさることながら、可愛らしいルックスと憎めない性格で、「おは朝」だけでなく、「ヤマハエレクトーン」や「ヤマハ音楽教室」の発展に寄与したと言われています!
「おは朝」の初代エレクトーン演奏である「伊地知温子」さんは、すでにアラ還ですが、未だに根強い人気を誇っています。




「おは朝」とは?エレクトーン(初代)奏者の伊地知温子さんとは?

 「おは朝」とは、正式名称おはよう朝日です』(おはようあさひです)の番組です。1979年4月2日より、朝日放送テレビ(ABCテレビ)で放送されている朝の情報番組としては異例の長寿番組です。平日は5時から8時に放送されています。

同じ 朝日放送テレビ(ABCテレビ)で土曜日に放送されているおは土」、正式名称「『おはよう朝日土曜日です』土曜日放送(6時半から8時)を含めて、おは朝と呼ばれることが多いです

 




「おは朝」エレクトーン奏者伊地知温子(いじちあつこ)さんとは?(いちじあつこ)ではないの?

「おはよう朝日です」エレクトーンとは、 番組中の様々な場面、CMや新しいコーナーに入る前に、時刻とともにエレクトーンの演奏でお知らせしてくれることです。

初代のエレクトーン奏者は、何と、22歳でデビューした、「伊地知温子(いじちあつこ)」さんです。

漢字を見て頂けたらお分かりだと思いますが、

✖(いちじあつこ)さんではありません!

(いちじあつこ)で変換すると、(一時温子)と出てしまいます。(笑)。まるで、教習を受けているみたいですね(笑)。

〇(いじちあつこ)さんです!

(いじちあつこ)で変換すると、(伊地知温子)と変換されます。漢字からすると、(じ)」ではなく(ぢ)だと思うのですがねぇ。ただし、地震も(じしん)で検索できますもんね。

半世紀近く?前にデビューされました。

 

現在のエレクトーン奏者『赤﨑夏実』さんと、土曜日版の『小椋寛子』さんを含めると、

赤崎夏実(なっちゃん:「おは朝」エレクトーン奏者)は結婚してる?はインスタとブログで発信!出身高校は?かわいいと評判!
  テレビ朝日の朝の番組「おはよう朝日です」のエレクトーンを弾いているなっちゃんってご存じですか?なっちゃんの本名は、赤崎夏実さんです。ほぼ毎日出演されてる第12代のエレクトーン奏者です。  ちまたで、「かわいい」とか「結婚してるのか...

今まで歴代18名の方が担当されています!

 

「おは朝」の初代エレクトーン演奏の「伊地知温子」さんです。

現在、還暦を越えられています。「おは朝」の歴史を感じさせられますね。

 伊地知温子さんは、初代エレクトーン奏者であるがために、紆余曲折色々とありました。しかし、エレクトーンの技術はさることながら、可愛らしいルックスと憎めない性格が幸いして、未だに、話題に上っています。情報番組でのエレクトーン生演奏と言う「画期的」な試みは大成功だったと言えるでしょう。その方針で番組もエレクトーン生演奏も続いているのが何よりの証拠です。
 「おは朝」の初代エレクトーン演奏である「伊地知温子」さんは、
「おは朝」だけでなく、「ヤマハエレクトーン」や「ヤマハ音楽教室」の大躍進に繋がったと言われています!

「おは朝(名物)エレクトーン」末長く続いて欲しいですね(^^)。




伊地知温子(いじちあつこ)さんは「おは朝」エレクトーンブームの立役者!

 「おは朝」の初代エレクトーン演奏の「伊地知温子」さんは可愛いだけでなく演奏も本当にお上手だったようです。

当時は毎日違う曲でエレクトーンの演奏コーナーがあったそうです。(現在はお天気コーナーのBGMに一週間同じ曲を演奏)

エレクトーンのコンサートを開いたりレコードも出していたそうです。

今からすると、エレクトーンという楽器演奏だけでコンサートを開くなんて、やはり当時の人気ぶりは凄かったのかなと思います!

 
 特におは朝がオンエアーされる関西においてのエレクトーンの周知・普及には多大な影響を与えたと言えます。
得エレクトーンの歴史に名を刻む人物と言えるでしょう。
実際「おはよう朝日です」の「あっちゃん」を観てエレクトーンを弾きたくなった!
 と言う人々は多かったと伺っています。
 私は、1983年から、ヤマハ音楽教室にて「エレクトーン」を習いましたが、当時のエレクトーンの先生が、
 「伊地知温子さんと言う方が、ブームを巻き起こしてくれてねぇ。今、教室に希望者が多いのよ」とおっしゃっていました。
 当時、私は、岡山に住んでおり、朝日放送は見られませんでしたから、伊地知温子さんの事は存じ上げませんでしたが、とても珍しい名字なので(私の苗字も珍名なので)記憶に残っています。
 関西で、毎朝のように「おは朝」見て、演奏に触れていたら、ヤマハ音楽教室は大盛況でしょうね!

 すでに働いていた、大人の私でも、夢中になったものですから。

80年代に訪れた「ヤマハ音楽教室」ブームの火付け役の一人になったのは間違いありません。




「おは朝」エレクトーン奏者(初代)の伊地知温子さんの経歴。

「おは朝」の初代エレクトーン演奏の「伊地知温子」さんは「おは朝」エレクトーン奏者(別名:エレクトーンのお姉さん」初代です。おは朝のエレクトーン奏者のパイオニアと言われています。

 従って、時代も時代ですが、新しい試みだったので、伝説のエレクトーン奏者」とも言われています。

「あっちゃん」と呼ばれ親しまれていたそうですが、「おむすび温子」とか「おにぎりあっちゃん」とかという愛称もあったのです。

随分、可愛がられてきたのですね。

 

名  前     伊地知温子

生年月日  1956年2月29日 (何と4年に一回しか誕生日が来ない貴重な誕生日の方!!)

出演期間  1979年1月〜1984年3月 (5年2ヶ月)

      ※ おは朝(平日)おは土(土曜)共に初代エレクトーン奏者

初 出 演 22歳

 

伊地知 温子(いじち あつこ、1956年2月29日 – )は、日本エレクトーン奏者。1980年代、近畿エリアを中心に活動していた人物であった。

大阪府豊中市出身。実家は医師家庭。

追手門学院大学卒業。

1979年朝日放送(現:朝日放送テレビ)の朝の帯番組「おはよう朝日です」の初代エレクトーン奏者としてブラウン管に登場。特徴のある声と愛くるしいルックスで、一躍人気を博す。

声のイントネーションは、現在で言えば安田美沙子に通ずる。但し、京都弁ではないので関西人には分かる微妙な差はある。

ニックネームは顔立ちと髪型から「オムスビ温子」

一旦番組を降板したが、「おはよう朝日です」が土曜日に「おはよう朝日です・土曜日です」を新たに開始するにあたり、再度登板。

1984年3月31日放送分を以て「おはよう朝日です・土曜日です」を卒業。当日は伊地知温子フェアウェルコンサート』と題しての放送であった[1]

レギュラー番組終了後、公的な音楽活動を一切行わなくなった後に結婚。その後は引退状態となり写真を含めてマスコミ等を含め、公の場には姿を現していない(「おはよう朝日です」の番組ムック本が発刊された時にも彼女だけが写真の掲載がなかった)。

引用元:Wikipedia

 

 

 伊地知 温子(いじち あつこ)さんは、可愛いだけでなく演奏も本当にお上手だったようです。

始まった当時は、毎日異なる曲でエレクトーンの演奏コーナーがあったそうです

リクエストに応じて、エレクトーンを演奏するコーナーもあったそうです。

最初なのに、かなりハイレベルなスキルが求められていたのですね。

動画で、残っていますが、ミスもあります。

でも、初々しくてかわいいです。(笑)

初コーナーという事で、とても緊張している姿が見られます。

伊地知 温子さんはエレクトーンという楽器演奏だけでコンサートを開くくらいの実力の持ち主だったのです。当時のエレクトーンの人気ぶりを偲ばせてくれますね。

 
 特に「おは朝」がオンエアーされる関西においてのエレクトーンの周知・普及には多大な影響を与えたと言えます。
エレクトーンの歴史に名を刻む人物と言えるでしょう。
実際「おはよう朝日です」の「あっちゃん」を観てエレクトーンを弾きたくなった!
 と言う人々は多かったと伺っています。
 私は、1983年から、ヤマハ音楽教室にて「エレクトーン」を習いましたが、当時のエレクトーンの先生が、
 「伊地知温子さんと言う方が、ブームを巻き起こしてくれてねぇ。今、教室に希望者が多いのよ」とおっしゃっていました。
 80年代に始まった、エレクトーンブームの火付け役であり、ヤマハ音楽教室にとっては、神のような存在でした。(少なくとも私にはそう感じられました。)
 当時、私は、岡山に住んでおり、朝日放送は見られませんでしたから、伊地知温子さんの事は存じ上げませんでしたが、とても珍しい名字なので(私の苗字も珍名なので)記憶に残っています。
 関西で、毎朝のように「おは朝」見て、演奏に触れていたら、ヤマハ音楽教室は大盛況でしょうね!

 すでに社会人として働いていた、大人の私でも、夢中になったものですから。

 
 
 



おは朝エレクトーン奏者(初代)の伊地知温子の結婚と現在

伊地知温子さんは、すでに還暦を過ぎ、古希が近づいています。

デビューした頃は、22歳なのに、高校生か中学生かと思われるような風貌だったのですが・・・

以前、将来の夢は、お孫さんに「おばあちゃんはね、昔はこんなふうに・・・」とお話するのが夢だと語ってらっしゃったそうです。

引退した後はご結婚され、テレビやメディアには一切登場してないそうです。きっぱりと、マスメディアから去られました。

ある面、潔いですね。

きっと、可愛い「おばあちゃん」でおられるのでしょう。

これだけ情報が入らないところを見ると、

「おばあちゃんはね、昔はこんなふうに・・・」とお話するのが夢だったのも、叶っていないのかもしれませんね。

お孫さんは、伊地知温子さんの動画を見ているのでしょうか?見ていないのでしょうか?

見ていても気づかないのでしょうか?伊地知温子さんは控えめに、黙っているのでしょうか?

考えただけでも、楽しいですね!

お孫さんがいらっしゃれば、知った時はとても驚くでしょうね。

親戚づきあいとかで、伊地知さんのお宅に伺う事はないのでしょうかね?

この不思議さが、ミステリアスで、益々、伊地知温子さんの事を知りたいと思います。

誰か、知っている方がおられると思うのですが・・・

 

「おは朝名物エレクトーン」末長く続いて欲しいですね。




「おはよう朝日です」音楽関係者記事一覧!

最後に、途中でも取り上げましたが、「おはよう朝にです」というテレビ番組の音楽シーンに出演された、或いは取り上げられた音楽関係者の方の記事を一覧にまとめてみました。

私が投稿した記事のみですが、宜しければご覧ください。尚、本記事のURLも入っている場合もありますし、途中でリご紹介した記事も入っているかもしれませんが、ご了承ください。

おはよう朝日です(ABCテレビ)の音楽にまつわる記事一覧(エレクトーン奏者・歌手・歌・及び音楽活動家)
関西の朝の情報番組「おはよう朝日です」は、毎朝音楽をふんだんに盛り込んだ番組構成になっています。 ここでは、「おはよう朝日です」の音楽に関連する内容の中で、主に人物について私が書いた記事を、一覧にしてみました。それぞれのジャンルで、私...




コメント

タイトルとURLをコピーしました